好成績にも不満を見せる松山英樹を、 米メディアはどう見ているか

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 2015−2016シーズン最終戦のツアー選手権(9月22日〜25日/ジョージア州)を5位でフィニッシュした松山英樹(24歳)。PGAツアー本格参戦3年目となる今季、ツアー1勝、フェデックスカップ・ランキング13位、そして賞金ランキング9位(獲得賞金は約4億1900万円)と、自己最高の成績をマークしてシーズンを終えた。

「(1試合)勝てたのはよかったと思うけれど、いい1年だったという思いはないですね。もう少し自分が思ったプレーができるようにしたい。自分の納得できるプレーができて、結果がシードぎりぎりでも、それは仕方がないと思えるからです」

 キャリアハイの結果を踏まえれば、なんとも不思議な"総括"だった。しかし、今シーズンを悔しそうに振り返る松山の顔をじっと見ていたが、どうやらそれが、今の松山の本音のようだ。

 世界の強豪30人が集まった大会で5位。そんなことより、「自分が納得できるプレーがしたい」――それが最優先なのである。

この記事の続きを読む

1