レッズに完敗。「勝負弱くなった」ガンバに立ち直る術はあるのか

「なんとなく"勝負弱く"なってきた。簡単に失点する場面が多いんでね」

 テレビ中継のゲストに招かれた岡田武史氏(日本サッカー協会副会長)がキックオフ直後、ガンバ大阪についてそんなふうに言及したが、そのとおりの内容になってしまった。

 セカンドステージ第14節、同ステージでの逆転優勝に望みをかけ、首位・浦和レッズとの対戦を迎えた3位のガンバだったが、開始6分に左サイドから鮮やかに攻略されて先制されると、その後も強烈なパンチをまともに喰らい続けた。DF丹羽大輝を中心に必死に跳ね返しても、クリアを次々と拾われ、波状攻撃を浴び続ける。その様子は、まるでショベルで土を掻き出したそばから、その土を穴に戻される罰ゲームでも見ているようだった。

「ミーティングで(長谷川健太監督から)、最初からいかないと(昨年の)ナビスコカップ決勝の鹿島アントラーズ戦のようになる可能性がある、と言われていたんですけど......」

 試合の入り方についてそう悔やんだのは、MF倉田秋である。同じく埼玉スタジアムを舞台にした1年前の大一番でも、開始直後からラッシュを食らって0−3と大敗し、タイトルを逃している。その悪夢を再現するような内容だった。

この記事の続きを読む

1