ジーコジャパン化しつつある日本。監督交代ならば妥当なタイミング

■ヤバイぞ、アジア最終予選2
〜杉山茂樹×浅田真樹(後編)

浅田:目先の勝敗は別にしても、日本がある時点から下降線に入っているのに対して、他の国が上昇傾向にあるということは、予選の1、2戦を見てもはっきりしたと思います。ハリルホジッチ的に言うと、そうなってしまう原因のひとつはコンディションのせいで、特に海外組は「シーズンが始まったばかりでコンディションが悪かった」と言っていましたが。

杉山:Jリーグ勢のコンディションも悪いと言っていた。シーズンが始まったばかりだから悪くて、シーズン半ばで悪いんだったら、いつがいいんだって(笑)。ハリルホジッチはさかんにコンディションがよくないと言います。でも、海外組が日本に来るのは大変かもしれないけど、中東のチームが日本に来るのだって大変ですよ。

 第三者が見て「こっちのほうが不利」などと言うのはいいけど、相手と天秤にもかけずに、すべてを自分たちのコンディションの話にすりかえて言うのは、僕から言わせたらダメな監督の象徴です。監督が言い訳をするのは商売みたいなものだけど、ハリルホジッチへの期待ということでいうと、その言い訳は代表監督として危ないんじゃないかという気はしました。

この記事の続きを読む

1