マカヒキ負けた。名門の見事なチーム戦を見せつけられた凱旋門賞

■短期集中連載・海外馬券発売開始! 2016凱旋門賞(6)

 95回目にして、初めてシャンティイ競馬場で行なわれた凱旋門賞。太陽を隠していた薄い雲がちょうど晴れたとき、勝負は佳境を迎えた。最後の直線、2番手から前を伺うオーダーオブセントジョージとポストポンドの、ほんの僅かな隙をこじ開けて一気にファウンドが踊り出る。あっという間に突き抜け、後続を一気に引き離す。追ってくるのは僚馬のハイランドリール。その内ではこれまた僚馬のオーダーオブセントジョージが粘り、ポストポンドを交わして猛追してくるシルジャンズサガに耐えている......。

 しかし、ファウンドの伸び脚は止まらない。今年に入ってGIで5戦連続2着の鬱憤を一気に晴らすかのように、2分23秒61のコースレコードで駆け抜けた。2、3着も同じくクールモア(※)勢のハイランドリール、オーダーオブセントジョージ。人気のポストポンドは一旦、先頭に立つ気配も見せたが、ゴール前で失速して5着。日本から挑戦したマカヒキは14着に敗れた。
※世界各地に拠点を持つ競走馬生産者グループ
 今年はロンシャン競馬場が改修のため、シャンティイ競馬場での異例の代替開催。それに象徴されるように、異例ずくめの凱旋門賞となった。

 まず定説とも言われていた「3歳有利」が完全に崩れたことだ。出走16頭中、6頭が3歳馬で、しかもマカヒキ、レフトハンド、ハーザンドといった面々は上位人気にも推されていた。それにもかかわらず、上位7頭までが古馬で、3歳馬で最先着を果たしたのはハーザンドのペースメーカーであるヴェデヴァニを除いた5頭の中で最も人気のなかったドイツのサヴォワヴィーヴルで、スタートの出遅れから直線で猛然と挽回しての8着だった。

この記事の続きを読む

1