【月刊・白鵬】横綱が語る、豪栄道の魅力「男が惚れる男」

第65回:豪栄道

負傷した足の回復が遅れて、秋場所(9月場所)を休場した横綱。
そんな中、優勝を飾ったのは角番だった大関の豪栄道。
彼の魅力を横綱が語る――。
 先日、千秋楽を迎えた大相撲秋場所(9月場所)は、負傷した足の回復が思わしくなかったため、休場させていただきました。

 初日からの休場は、横綱になってから初めてだったこともあり、ファンのみなさまにはいろいろとご心配をおかけしました。また、温かい励ましの声などをたくさんいただき、本当にありがとうございました。

 思い返してみれば、昨年の秋場所、以前から痛めていた足の痛みが悪化して3日目から休場。これが、横綱として初の休場となったわけですが、このときは自宅での療養のかたわら、初めて大相撲のテレビ中継をゆっくり見る時間をいただきました。

 普段は土俵の上で戦っているはずの私が、画面を通してその様子を見ているのは、最初かなりの違和感を覚えました。それでも慣れてくると、同時代を戦ってきた横綱・鶴竜、大関・稀勢の里らを応援しながら、実はテレビの前で熱くなって観戦していました。また、思いがけなく家族と過ごす時間ができたことで、心も穏やかになったものです。

この記事の続きを読む

1