ハリルホジッチよ、2日前合流の本田と長友はベンチに回せ

 同じ過ちを繰り返さない。当たり前だが、それが10月6日に埼玉スタジアムで行なわれるイラク戦のポイントになる。では、同じ過ちとは何か――。

 9月に開幕したロシア・ワールドカップ・アジア最終予選。日本代表は今、1997年のフランス・ワールドカップ・アジア最終予選以来と言ってもいいぐらい、厳しい状況を迎えている。ホームで迎えたUAEとの初戦に敗れ、出ばなを大きく挫(くじ)かれてしまった。

 さらに、ハリルホジッチ監督を悩ませているのが、所属クラブで出場機会に恵まれていない欧州組のことだ。招集した15人の欧州組のうち(その後、FW宇佐美貴史とFW武藤嘉紀が負傷のために辞退)、コンスタントに試合に出られているのは、FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)、DF酒井宏樹(マルセイユ)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)の4人だけ。2試合続けて控えに回ったMF長谷部誠(フランクフルト)はスタメンに返り咲いたが、FW本田圭佑(ACミラン)、DF長友佑都(インテル)、MF香川真司(ドルトムント)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、FW岡崎慎司(レスター・シティ)らはほぼ試合に出られておらず、状況は9月よりも厳しくなっている。

 それだけに、メンバーの入れ替えも考えられたが、ハリルホジッチ監督は「彼らを外したら、ほかに誰が代わりにいるのか」と、欧州組への信頼の厚さを示した。だが一方で、メンバーを簡単に入れ替えられないのは、時間のなさも要因だろう。

この記事の続きを読む

1