【木村和久連載】超セレブにも会える!? 海外ゴルフの醍醐味とは

専門誌では読めない雑学コラム
■木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第74回
 仕事柄、海外でもたくさんゴルフをさせていただきました。海外に行くと観光気分になるのか、スコアはさっぱりですが、楽しいラウンドばかりです。数ある海外ゴルフの中で、面白かったものをいくつか紹介したいと思います。

 まずは何と言っても、最近急成長している中国市場の話は外せません。過去20年近くの間に5回ぐらい中国に行っていますが、次第にお金持ちになっていく国の姿が見られて、そのつど面白かったです。

 最初に中国でゴルフをしたのは、およそ20年前。香港経由で深センに行きました。

 驚いたのは、深セン駅についた瞬間、現地のお兄ちゃんたちが寄ってきて、勝手にキャディーバッグを持ち去ってしまったこと。「やばい」と思ったんですが、実は彼らは個人ポーターをやっていて、いくばくかのお金を払えば、荷物を運んでくれる人たちだったのです。あ〜、一時はどうなるかと思いましたよ。

 その後、現地ガイドと合流すると、すかさず「チンモッコウ先生のコースへ行きましょう!」と誘われます。「それは、誰ですか?」と聞くと、「知らないの? チン先生は日本の有名なプロゴルファーよ」と、ガイドさん。

 ん? 陳清波プロ(ちん・せいは/1931年生まれ。台湾出身。昨年、日本プロゴルフ殿堂入り)かと思ったんですが、なんと世界の青木功プロのことでした。確かに、中国読みでは「チンモッコウ」ってなりますよね。

 実際、深センゴルフクラブのABコースは青木功プロが設計していて、もはやどんなコースだったか忘れてしまいましたが、日本ぽかったなぁ〜、というのは覚えています。

この記事の続きを読む

1