「代える」?「変わる」?オーストラリア戦、どうなるハリルジャパン

 それまで取り立てて気にしていなかったのに、ふとしたキッカケで急に意識するようになることがある。

 まるで恋愛のような話だが、日本サッカー界にとってオーストラリアは、そんな存在だろう。

 日本サッカー界にとってオーストラリアという国は、Jクラブや日本代表が合宿をすることのある場所――その程度の存在でしかなかった。ところが、2006年のドイツ・ワールドカップ初戦、灼熱のカイザースラウテルンで対戦し、先制しながら終了間際に3ゴールを叩き込まれてから、因縁の相手として認識するようになる。

 さらに、オーストラリアサッカー連盟がオセアニアサッカー連盟を脱退し、アジアサッカー連盟に加入したことで、彼らは日本にとって「天敵」となった。

 2007年のアジアカップ準々決勝ではPK戦の末に日本が下し、2011年のアジアカップ決勝では延長戦の末、日本が1−0で接戦を制したが、南アフリカ・ワールドカップとブラジル・ワールドカップの最終予選ではいずれも同組となり、1分1敗、2分と日本は勝利できなかった。そして、今回のロシア・ワールドカップ最終予選でも同グループで顔を合わせることになったのだ。

この記事の続きを読む

1