広島カープは最大の敵「負けられない」という意識を払拭できるか

 日本シリーズ出場権をかけたクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージがいよいよ始まる。セ・リーグは、今季のペナントレースを25年ぶりに制した広島が、初めてCSを本拠地で迎えることとなった。 

 広島がペナントレースを独走したことで、「CS制度の是非」について、いろいろと話題に上がっているが、これまで恩恵を受けてきた広島ファンにとっては、声高に不要論は唱えられないだろう。1球団が独走したシーズンだったからこそ、シーズン終盤の1カ月の盛り上がりを見れば、安易に「不要」とは言えない。

 ただCSの盛り上がりで、ペナントレース優勝の価値が薄れてしまうことは懸念される。プロ野球にとって、あくまで価値があるのはリーグ制覇であり、メジャーリーグのポストシーズンとは多少、意味合いは異なる。

 本拠地・マツダスタジアムでCSファイナルステージを戦う広島にとってのカギは、まさにそこにあると考える。「CSに勝たなければ優勝した意味がない」「優勝球団として必ず勝たなければいけない」などと考えると、相手との精神状態はイーブンではなくなる。

 特に短期決戦は、両チームの精神状態が勝敗に大きく影響する。"重圧"がチームから余裕を奪い、しかも相手の横浜DeNAベイスターズは巨人との死闘の末にCSファーストステージを突破した"勢い"という強力な武器を携えている。

「ペナントレースを制したのは広島で、その価値は薄れることがない」

この記事の続きを読む

1