J2にハマりっぱなしの千葉と京都。直接対決で昇格の望みに明暗

 7年と6年。ジェフユナイテッド千葉と京都サンガF.C.が、それぞれJ2に降格してから過ぎた時間である。

「オリジナル10」として1993年のJリーグ開幕を迎えた千葉(当時・市原)は、2005年と2006年にナビスコカップを連覇するなどクラブとしてのひとつの成功を収めながら、2009年にJ1で最下位となると、翌年からは継続的にJ2での戦いを余儀なくされている。

 一方の京都は、1999年にJ1に初参戦。その後、何度か降格を経験しながらも、その都度、1年、もしくは2年でJ1に復帰していた。ところが、2010年に4度目の降格を味わうと、以降はJ1の舞台に戻れていない。

 J1のクラブというイメージが備わっていたのも、今や昔。両チームともに、すっかりJ2の色に染まってしまった感は否めない。

 そんな両者の対戦が、10月8日に千葉の本拠地・フクダ電子アリーナで開催された。今季の昇格争いも佳境を迎えるなか、J1復帰への気概を示したのは、アウェーの京都のほうだった。

 昨季は17位と、J1どころかJ3への転落もにわかに現実味を帯びた京都だったが、今季はこの千葉戦を迎える前の第34節終了時点で6位(13勝7敗14分)と、昇格プレーオフ進出圏内に留まっていた。

この記事の続きを読む

1