【Bリーグ】SR渋谷の壮大なる挑戦。若者の街にバスケは根付くか

 これも壮大なるチャレンジである。スタートしたプロバスケットボールのBリーグ、サンロッカーズ渋谷(SR渋谷)の本拠は東京都渋谷区、ホームアリーナが青山学院大の体育館(青山学院記念館)である。成功のカギは?と聞けば、SR渋谷の岡博章社長は「地域貢献」を挙げた。

「まずは渋谷の子どもたち、近辺の子どもたちにサンロッカーズの試合を見に来てもらって、自分も将来、バスケット選手になりたいんだ、このチームでやりたいんだ、と思ってもらえれば、成功かなと思います。子どもたちに夢を与えて、スポーツを通じて地域に貢献できれば一番だなと思います」

 8日のホーム開幕戦、SR渋谷vs富山グラウジーズ。試合開始(午後6時)の1時間半前の開場の際、体育館の周りには長蛇の列がグルグルとできていた。ざっと150m。特に子どもや若者、女性の姿が目立った。熱気に気圧(けお)されながらも、岡社長はホッとした表情を浮かべていた。

「これほどのお客さんが来てくれて、率直にうれしいなと思います。この勢いが続くよう、我々も営業努力していかないといけないですね。ぜひ、このお客さんがリピーターとなって、ずっと継続して応援してもらえるよう頑張りたい」

 人気沸騰に青学大の三木義一学長も笑顔だった。SR渋谷はこれまで、NBL所属の日立サンロッカーズ東京という強豪クラブだった。プロバスケと大学のコラボに声も弾む。

この記事の続きを読む

1