4年前とは激変。本田圭佑のコメントで日本の「劣化」がよくわかる

 何を基準に判断するかで評価は変わる。そんな試合だったのではないだろうか。

 W杯アジア最終予選第4戦。日本はオーストラリアとアウェーで対戦し、1−1の引き分けに終わった。

 5日前に行なわれたイラク戦(2−1)と比べれば、試合内容はよかったと言えるだろう。自分たちの狙い――「引いて(守備の)ブロックを作ってカウンター」(MF長谷部誠)というプラン――に沿って試合を進められた、という意味では数段よかった。

 高い位置でボールを奪い、3本のパスで先制ゴールまでつなげたシーンは、まさに狙いどおりだっただろう。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督も「ボールを奪ったあと、少し慌てたが」と攻撃面での課題を指摘しつつも、「相手にほとんどチャンスを作らせず、規律を持ってオーガナイズされた守備ができた」と、満足そうに語っていた。

 しかし、2012年に行なわれたまったく同じ条件の試合、すなわち、W杯アジア最終予選でのオーストラリアとのアウェー戦と比べたらどうだろうか。

 4年前の試合も、結果は今回とまったく同じ1−1の引き分け。だが、内容的に見れば、日本はほとんどの時間で、ボール支配率でも、攻撃の質でも、チャンスの数でも、すべてにおいて上回り、オーストラリアを圧倒した。

 どれほど充実した内容の試合だったかは、試合後の選手がはっきりと口にしている。

この記事の続きを読む

1