ホークスを二刀流で圧倒。大谷翔平が体現する「非常識な常識」

 十年一昔という言葉がある。

 しかし彼を見ていると、ひと昔は10年ではなく1年だな、もはや"一年一昔"だな、と思わざるを得なくなってくる。何しろ、ちょうど1年前の今ごろ、大谷翔平は自分のボールさえも信じることができなかったのだ。

 覚えているだろうか――。

 去年の10月10日、札幌ドームで行なわれたクライマックスシリーズ(CS)のファーストステージ第1戦。リーグ3位のマリーンズを相手に先発のマウンドを託された大谷は、3回途中までに5点を失い、わずか8つのアウトを取っただけで、まさかのノックアウトを喰らった。立ち上がりから変化球でカウントを取ることができず、他に頼るボールがなくなって投げ込んだストレートをことごとく狙い打たれる。あの試合、大谷がマリーンズに打たれた6本のヒットは、すべてストレートを弾き返されたものだった。大谷は試合後、こんなふうに言っていた。

「これで行ける、というイメージを持てませんでした。自分自身、信じ切れずに投げ込むボールがすごく多かった。ホントに申し訳ないマウンドだったと思います」

 そしてその2日後、リーグ2位のファイターズはファーストステージを勝ち抜くことができず、同時に大谷のプロ3年目のシーズンも終わってしまった。バッターの大谷はこの試合、1点ビハインドの8回裏、ワンアウト1、3塁のチャンスに代打で登場する。外野フライでも同点という場面で、大谷はマリーンズの内竜也が投じたワンバウンドの縦スラを2度も空振りして、三振――去年、彼はこの打席をこう振り返っていた。

この記事の続きを読む

1