出るか1千万馬券。実は「荒れない」秋華賞も、伏兵馬は2頭いる

 3歳「牝馬三冠」の最終決戦となるGI秋華賞(10月16日/京都・芝2000m)。V候補筆頭だったシンハライトが直前に回避したことで、一気に混戦模様となってきた。

 主力となるのは、GIオークス(5月22日/東京・芝2400m)で僅差の3着と好走し、秋華賞トライアルのGIII紫苑S(9月10日/中山・芝2000m)を快勝したビッシュだろう。ただ、GI勝利はなく、シンハライトほどの揺るぎない存在とは言い難い。

 実績で言えば、一冠目のGI桜花賞(4月10日/阪神・芝1600m)を勝ったジュエラーが抜けている。しかし、桜花賞のあとに骨折した同馬は、復帰戦となった前哨戦のGIIローズS(9月18日/阪神・芝1800m)で11着と大敗。人気にはなるだろうが、不安は拭えない。

 こうなってくると、波乱の気配を感じる人も多いのではないだろうか。

 そもそも、秋華賞と言えば「荒れるGI」というイメージが強い。小回りの京都・芝2000mということもあって、"まぎれ"が生じやすいコースということもある。実際に2008年には、11番人気のブラックエンブレムが優勝し、2着に8番人気ムードインディゴ、3着に16番人気プロヴィナージュが入って、3連単は1098万2020円という超高配当が飛び出している。

 だが、秋華賞は本当に「荒れるGI」なのか。

この記事の続きを読む

1