激戦必至の箱根駅伝予選会。今年はあの名門大学が敗退の危機に!

 昨年はひとり1秒、合計タイムでわずか10秒差が明暗を分けた箱根への道。果たして、今年はどんなドラマが待ち受けているのか。

 第93回箱根駅伝予選会が10月15日(土)に東京・立川市で行なわれる。第92回大会で10位までに入った青山学院大、東洋大、駒澤大、早稲田大、東海大、順天堂大、日本体育大、山梨学院大、中央学院大、帝京大には本戦出場のシード権があり、残り10の出場校が今回の予選会で決定する。

 レースは例年通り、陸上自衛隊立川駐屯地から国営昭和記念公園までの20?を、各校10名以上12名以下の選手が駆け抜ける。上位10位までに入った選手の合計タイムで出場権を争うことになるのだが、「今年は昨年以上に僅差の戦いになるのでは」と予想されている。

この記事の続きを読む

1