【内藤雄士ゴルフレッスン】アプローチのポイントは肩のラインと手首の固定

白石あさえの目指せコースデビュー! 
連載●第29回 
〜カリスマコーチ内藤雄士がビギナーのために特別レッスン〜
■アプローチは「肩のライン」が崩れやすい

内藤雄士コーチ:以下内藤 前回のレッスンからアプローチ編に入りました。アプローチではPW(ピッチングウェッジ)を使用することと、その理由を説明しました。今回からは具体的な打ち方のポイントを説明していきます。

白石あさえ:以下白石 前回は構え方まで教えてもらいましたよね。よろしくお願いします。

内藤:そう。クラブを短く持つことと、ボール位置についても説明しました。アドレスに関しては、もうひとつ大切なことがあります。それは肩のラインです。

白石:これまでのレッスンでも内藤コーチは肩のラインが大事だと指摘されてきましたよね?

内藤:その通りです。でも、アプローチではさらに重要になります。理由はアプローチが肩のラインが狂いやすいショットだからです。

 気をつけることは、今までやってきたフルショットと同じように、ターゲットラインと平行に両肩を結んだラインをセットすることです。ただ、アプローチはターゲットまでの距離が近いので、体がターゲットを向きやすくなる傾向があります。要するに肩が開きやすくなります。するとヘッドの入射角が鋭角になったりして、軌道がカットになりやすくなるので、ミスの原因になるわけです。

この記事の続きを読む

1