ブンデスリーガ日本人対決。疲労困憊の原口元気と香川真司が得たそれぞれの手応え

 ドルトムント対ヘルタ・ベルリン。その響きから感じられる、強豪と挑戦者といった構図は今回の対戦では成立しなかった。試合前の時点で、勝ち点差1とはいえ、2位ヘルタが3位ドルトムントをリーグ戦の順位で上回っていたからだ。

 試合は1−1で決着。ホームの大声援を受けるドルトムントが約69パーセントとボールを支配した。だが、引いてカウンターしか手のないヘルタが先制。ドルトムントは後半、オーバメヤンのゴールで追いつくが、逆転することはできなかった。

 したがって試合後も順位は変わらず。ヘルタのパル・ダルダイ監督はアウェーでの勝ち点1に飛び上がって喜んだ。一方、前節レバークーゼンに敗れているドルトムントは2戦連続で勝利から見放され、ベンチはどんよりと沈んだ。目指すところの違いは明らかだった。

 火曜日に地球の真裏のオーストラリアで90分プレーし、約24時間かけてドイツに戻ったばかりの原口元気は、この日もフル出場。試合に向けてクラブがSNSなどに発信するビジュアルはこの日、原口になっており、クラブからの期待と信頼度の高さがうかがえた。

「キツかったのはキツかったですけど、いつもキツいので。特別今日がめちゃくちゃキツいとかはなかったし、いいリカバリーができていた。まあよく90分、動けたなとは思います」

この記事の続きを読む

1