突然の復帰延期。タイガー・ウッズはこのまま引退してしまうのか

WEEKLY TOUR REPORT
■米ツアー・トピックス

 PGAツアー2016−2017シーズン開幕戦のセーフウェイ・オープン(10月13日〜16日/カリフォルニア州・シルベラードR&S)で、1年2カ月ぶりとなるツアー復帰を予定していたタイガー・ウッズ(40歳/アメリカ)が、同大会の欠場を決めた。正式にエントリーしたのが、10月7日。それからわずか3日後の、突然の決定だった。

 実は、大会開幕を3日後に控えた10月10日の月曜日の朝、ウッズが棄権するかもしれない、という噂が流れた。ウッズの復帰で、大会のチケットは昨年の倍は売れていて、開幕に向けて大いに盛り上がっていたゆえ、その噂は大会前の熱気に水を差すものだった。

 新聞やテレビなどのメディアは、すぐに真相を確認しようと奔走した。そうした状況の中で、ウッズは自身のホームページ(以下、HP)で、今週のセーフウェイ・オープンと、来月に参加を予定していた欧州ツアーのトルコ航空オープン(11月3日〜6日/トルコ・レグナムカーヤG)にも出場しないことを発表した。

 理由は、「体の状態はとてもいい。だけど、ゲームの内容は"もろくて壊れやすい"状態で、まだ世界のベストプレーヤーと戦える準備はできていない」というものだった。

この記事の続きを読む

1