【月報・青学陸上部】エースの目にも涙。4年生の快走で出雲を制す

極私的! 月報・青学陸上部 第13回
■出雲駅伝回顧・後編
 出雲駅伝は3区を終わって首位東海大、2位は青学だった。
 
 4区スタート地点、エース級の下田裕太(3年)がなかなかやってこない。茂木亮太(4年)は「おかしいな」と思っていたという。

「下田はずっと調子がよかったんで、とんとんで来るか、離れてもラストスパートぐらいの差かなって思っていたんです。でも、予定より少し離れてしまった。ただ、個人的には焦りはなく、できるだけ差を詰めて安藤(悠哉・4年)にいい形でつなげたいと思っていました」
 
 茂木は追い風の中、スピードをグングン上げた。もともとスピードに定評がある選手で 長距離以上に中距離が得意。駅伝は1年の時、5区を走った全日本大学駅伝以来だ。ここまで駅伝に絡んでこられなかったのは毎年、夏前に故障し、夏合宿に参加することができなかったからだ。だが、ケアに時間をかけ、細心の注意を払うようになると、今年は春を乗り切り、夏季合宿もすべてのメニューをこなした。「天才肌」と原監督に称されるスピードに磨きがかかり、駅伝復活を果たした。

「監督は、たぶん僕と安藤のところを心配していたと思います。駅伝が1年の時以来でしたし、単独で走れるのかというのもあったと思うんで。ただ、僕自身は単独で走ることに不安とかはなかったですし、余裕をもって走ろうと思っていました」

 3年間雌伏の時を過ごしたパワーが4区での走りで爆発した。徐々に東海大・川端千都(かずと・3年)との差を詰め、3kmで23秒差あったタイム差を13秒まで縮めた。東海大を完全に視界にとらえたが、そこからなかなか差が詰まらない。残り2kmの時点で茂木自身もかなりキツくなっていた。

この記事の続きを読む

1