辛口スタッフもほめたコペルニクス。日本の競馬を転回させるか?

厳選!2歳馬情報局(2016年版)
■第21回:コペルニクス

 ヨーロッパから繁殖牝馬として輸入され、その生涯の大半を日本で生活したバレークイーン。この1頭の牝馬から始まる家系は、およそ20年の間に、日本競馬を彩るほどの活躍を見せるファミリーとなった。その一族は、現在も拡大し、進化し続けている。

 一族の象徴的な存在は、母バレークイーンが生んだ2頭のGI馬。フサイチコンコルドとアンライバルドである。前者は1996年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)を、後者は2009年のGI皐月賞(中山・芝2000m)を制し、クラシックウイナーとなった。

 バレークイーンの子でGIを勝ったのはその2頭だが、彼女の孫から多数の活躍馬が出ている。例えば、バレークイーンの娘であるグレースアドマイヤは、2007年の皐月賞馬ヴィクトリーを出して、他にもGIIを3勝し、2003年のGI菊花賞(京都・芝3000m)で2着になるなど、GI戦線で何度となく上位入線を果たしたリンカーンを送り出している。

 これらに限らず、バレークイーンの家系からは数多くの活躍馬が出ていて、今や日本を代表する血筋とも言える。

 そして、今年の2歳馬の中にもこの家系出身の逸材がいる。栗東トレセン(滋賀県)の音無秀孝厩舎に所属する、コペルニクス(牡2歳/父ディープインパクト)である。

この記事の続きを読む

1