ルヴァンの女神はレッズに微笑む。 ガンバがわずかに見せた「心の隙」

 カップ戦のファイナルらしい、手堅い一戦だった。ただし、「手堅い」の語感に含まれる「退屈さ」は、そこにはない。終始、緊迫感に包まれた高品質の決勝戦だった。

 2年ぶりの優勝を目指すガンバ大阪と、13年ぶりのタイトル獲得を狙う浦和レッズとのルヴァンカップ決勝は、PK戦の末に浦和が勝利。本拠地の埼玉スタジアム2002で、赤の歓喜が爆発した。

 この試合を語るうえで見逃せないのは、2週間前に行なわれたリーグ戦の同カード。浦和が4−0とG大阪を撃破した試合だ。開始早々にMF高木俊幸のゴールで先制した浦和が勢いに乗り、後半にも3点を追加。G大阪が退場者を出したこともあったが、スコア、内容ともに浦和の完勝と言える試合だった。

 その流れを踏まえれば、浦和優位と見るのが妥当で、G大阪の浦和対策がいかに機能するかが、この決勝戦の焦点と言えた。

「出しどころだけじゃなく、出された後もボールにプッシャーをかけに行くこと。常にボールに行こうという意識はあったし、取ってチャンスにつなげていこうと。アデミウソンはカウンターのスピードも速いし、取ったときはそこを見るようにしていた」

 MF今野泰幸が語ったように、G大阪は鋭いプレスからのショートカウンターを狙いとしていた。2週間前のリーグ戦では早い時間帯に失点したこともあり、浦和の勢いに押されて後手後手の対応になっていたことは否めなかった。いかに自分たちからアクションを仕掛けてボールを奪いに行けるかどうか。その積極的な守備意識が、2週間前とは明らかに違っていた。

この記事の続きを読む

1