石川遼、米ツアー復帰に手応え。休養中にも「手に入れたモノがある」

 今年2月に悪化した腰痛が癒え、石川遼がいよいよ米ツアーに復帰する。舞台はマレーシア。CIMBクラシック(10月20日〜23日)である。

「マレーシアもそうですけど、アメリカに行ってもプレーしたことがあるコースばかりですし、(休んでいる間にやってきたことを)いろいろと試すことができる。やることは変わりない。やれる範囲で挑戦していきたい」

 日本オープン(10月13日〜16日/埼玉県)では初日、同い年の松山英樹と、世界ランク6位のアダム・スコットと同組で回った。三者がいずれもスコアを崩し出遅れたものの、会場の狭山ゴルフクラブには平日であるにもかかわらず、1万人のギャラリーが詰めかけた。

「これは選手の力。アダムと英樹のふたりで呼んでくれた。世界レベルの選手が来てくれたおかげで、レベルの高いナショナルオープンになった。そして、その国の世界ランキングトップの選手がナショナルオープンに出ることは、大きな意味があることだと思います」

この記事の続きを読む

1