熟練スタッフも驚く成長力。菊花賞はミッキーロケットが飛んでくる!

 春の実績馬に、夏の上がり馬が迫る――。

 10月23日に行なわれるGI菊花賞(京都・芝3000m)。3歳牡馬クラシックの三冠最終戦となるこの舞台では、古くから"上がり馬"が実績馬を強襲するシーンが何度も見られてきた。

 今年も、そうした構図になることは十分に考えられる。

 まず、春のクラシックで主役を務めた強力な2騎、GI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティと、GI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)でハナ差2着だったサトノダイヤモンドが並び立つ。ともに菊花賞の前哨戦を制し、本番に向けて万全な状態にある。

 翻(ひるがえ)って、そんな彼らを脅(おびや)かしそうな、魅力的な上がり馬もいる。筆頭となるのは、ミッキーロケットだ。

 今春までは、条件クラスの500万下をなかなか勝てなかった同馬。抽選によって皐月賞にも出走したが、結果は13着と大敗。勝ったディーマジェスティや、3着サトノダイヤモンドからは、およそ2秒遅れでゴールした。

 そんな馬が、数カ月後にはトップクラスと互角の勝負を演じることになるのだ。それこそ、競馬の面白さであり、魅力なのだろう。

この記事の続きを読む

1