【木村和久連載】一番よく使うパターを、もっと重要視しましょう

専門誌では読めない雑学コラム
■木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第76回
 14本入れているクラブの中で一番使うクラブは、パターです。1ホールで平均2パットしても、36回はパターを打ちます。ドライバーやピッチングウェッジを多用しても、1ラウンドで36回は使わないでしょう。

 これだけ頻繁に使用するクラブなのに、たいがい練習はコースに行ったときだけ。皆、普段行く練習場でもあまりグリーンを見かけないからか、パターの練習は本当に少なめです。実際のところ、一番スコアメイクできるクラブなんですよ。

 そんなパットのよもやま話を、今回は綴っていきたいと思います。

 まずは、素朴な疑問をひとつ。

「距離表示はヤードなのに、なんでパットだけメートルで言うのか?」

 そうだっけ?って、今頃気づいた人もいるのではないでしょうか。

 これは昔、日本では距離表示をメートルで示していた、その名残り、という説があります。

 英米ではヤード表示が多く、他にフィートを使用しているところもありますが、日本人はメートルに慣れ親しんでいたので、昭和40年代あたりまではゴルフコースでもメートル表示が主流でした。それが、なんでヤードになったのか。諸説ありまして、ヤード表示の英米の真似をした説と、結構飛んだ気分になる説が有力です。

この記事の続きを読む

1