菊花賞で金星を挙げる条件を発見!「2強」を負かす候補は3頭いる

 3歳牡馬クラシック最終戦となるGI菊花賞(京都・芝3000m)が10月23日に開催される。最大の話題は、春のクラシックを沸かせた2頭の対決だ。

 その2頭とは、一冠目のGI皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)を制したディーマジェスティと、二冠目のGI日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)でハナ差2着となったサトノダイヤモンド。どちらも前哨戦をきっちり勝って、抜かりない状態にある。まさに「2強」の様相。ダービー馬マカヒキは不在ながら、三冠の最後を飾るにふさわしい、見応えのあるレースになりそうだ。

 下馬評でも「勝つのは"2強"のどちらか」というムードにある。とはいえ、菊花賞はどの馬にとっても未知の距離となる3000mの舞台。過去には、穴馬が大金星を挙げたケースも少なくなく、伏兵馬の逆転勝利を狙って馬券を買うのも悪くない。

 そこで、過去10年の菊花賞で金星を挙げた3頭をピックアップ。そこから、今回の「穴馬」になりそうな馬をあぶり出してみたい。

◆過去10年で金星を飾った「伏兵馬」
2010年=ビッグウィーク(7番人気、単勝2320円)
2009年=スリーロールス(8番人気、単勝1920円)
2006年=ソングオブウインド(8番人気、単勝4420円)

 上記3頭のうち、ビッグウィークとスリーロールスは、夏場から秋口にかけて1000万下クラスを勝ち上がっているという共通点があった。

この記事の続きを読む

1