日ハム3位指名の豪腕・高良一輝。超絶スピンはプロで炸裂するか?

 20日のプロ野球ドラフト会議で、パ・リーグ覇者の日本ハムが3位で指名したのは、九州産業大のエース・高良一輝(たからかずき)だった。高良が持つ最大の魅力は「直球で空振りが取れる」ことである。最速は147キロと、他のドラフト上位の選手たちには若干遅れをとるが、制球力が素晴らしく、なによりも圧倒的なスピン量(キレ)が代名詞といっていい。

 また、177センチと恵まれた上背があるわけではないものの、打者からは見えづらいテイクバック、そして頭の真上でリリースされるボールは、ほかの長身投手以上の"角度"がある。指にかかった直球とスライダー、スプリットといった高速系の変化球、さらにブレーキの効いたカーブを投げ分けながら、高良は九州大学球界NO.1右腕の座を不動のものとした。

 九州産業大では2年春に4勝を挙げ、エースの浜田智博(現・中日)とともに強力な左右2枚看板を形成。大学選手権には2、3年に出場し、同年秋には明治神宮大会も経験した。この神宮大会出場を決めた九州選手権の決勝では、日本文理大を相手にノーヒット・ノーランを達成し、優勝に貢献している。

この記事の続きを読む

1