Vリーグ開幕! 東京五輪のキーマン、柳田将洋がこんなに変わった

■柳田将洋インタビュー・前編

 2016/17男子V・プレミアリーグが10月21日(土)に開幕する。リオ五輪に出場できなかった日本男子バレーは、ここから東京五輪に向け、新たなスタートを切ると言ってもいいだろう。

その開幕直前、昨年のワールドカップでブレイクし、五輪最終予選でも奮闘。東京五輪でもキーマンになるであろう柳田将洋選手(サントリーサンバーズ)にインタビューした。Vリーグデビューとなった昨シーズンは、リーグ7位で入替戦に回るなど、チームも個人としても苦戦したが、今季は同じ轍は踏まないと、意気込みを見せる。そして、話は全日本の活動や石川祐希選手のイタリア行きなどへと広がっていった。

──V・プレミアリーグ開幕が近づいてきました。今のチームの調子はいかがですか?

「新しい選手もブラジル人コーチの指導も入って、いい雰囲気でチームもできあがりつつあります」

──柳田選手個人として、調子はどうですか?

「去年と比べて、サントリーで調整する時間をかなり長く作ることができたので、体作りをしたり、選手間でのコミュニケーションをとったりとか、今年の方がじっくりいろいろとできました。そういう意味で、僕自身もいい調子かなと思います」

この記事の続きを読む

1