「2強で堅い」菊花賞。3連単のヒモ穴なら、堀厩舎のウムブルフ

■ダービージョッキー
◆大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 先週は3歳「牝馬三冠」の最終戦、秋華賞が行なわれました。続いて今週は、3歳牡馬クラシック三冠の最終戦、菊花賞(10月23日/京都・芝3000m)が開催されます。

 いろいろなところで触れられていますが、今年は春の二冠、皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)と日本ダービー(5月29日/東京・芝2400m)は、それぞれ着順は違っても、上位入線5頭がまったく同じで、しかも上位3頭の顔ぶれも一緒という、非常に稀(まれ)な結果となりました。そのうえで、日本ダービーでは3着までと4着以下とでは決定的な差があったと思います。それだけ、上位3頭が抜けた存在だったと言えるでしょう。

 その春の勢力図は、秋になっても大きな変化はないと思います。「3強」の一角であるマカヒキ(牡3歳)は、凱旋門賞こそ敗れましたが、前哨戦のニエル賞は快勝しています。

 そして"国内組"の2頭、ディーマジェスティ(牡3歳)はセントライト記念(9月18日/中山・芝2200m)で、ラジオNIKKEI賞(7月3日/福島・芝1800m)の勝ち馬ゼーヴィント(牡3歳)を相手に横綱競馬で快勝。サトノダイヤモンド(牡3歳)は神戸新聞杯(9月25日/阪神・芝2400m)で、夏の上がり馬を相手に勝利を挙げました。それも、ともに余裕残しの競馬で。

 こうなってくると、菊花賞はやはりこの2頭が中心になると思います。

1 2 次へ