サッカーU−19代表が運命の決戦へ。5大会ぶりの「W杯」が見えた

 指揮官は、その小さな体に満ちあふれる自信を隠そうとはしなかった。

「私自身は選手の雰囲気だとかを見たとき、ある程度自分たちのものが出せれば、こういうゲームになる可能性は十分あると思っていた」

 アジアU−19選手権グループリーグ第3戦。日本はカタールを3−0で下し、決勝トーナメント進出を決めた。

 これまでの2試合を1勝1分け(3−0イエメン、0−0イラン)で終えていた日本。勝てばグループC1位での決勝トーナメント進出が決まる一方で、負ければもちろん、0−0、あるいは1−1の引き分けでもグループリーグ突破が難しくなる状況で、勝負の第3戦を迎えた。

 しかも相手は、2年前の前回大会を制しているカタール。言うまでもなく、2022年に開かれる自国開催のW杯へ向けて強化を進め、急速に力を伸ばしている国だ。日本にとっては、かなり厳しい戦いになることが予想された。

 ところが、終わってみれば、日本が3ゴールを奪っての勝利。内容的に見ても、カタールにチャンスらしいチャンスを与えない完勝だった。

 2−0のリードで迎えた後半立ち上がり、攻撃のギアが一段上がったカタールに対し、日本が守備に追われる時間もあったが、90分全体のなかで見れば、それは限られたもの。日本が62分にダメ押しの3点目を決めたあとは、カタールの選手の足も止まり、最後は危なげなく押し切った。

この記事の続きを読む

1