7冠馬ジェンティルドンナの「オーラ」漂う、全妹ベルダムの評判

■厳選!2歳馬情報局(2016年版)第22回:ベルダム

 10月10日、京都競馬場の第10レースとして行なわれた、1600万下のジェンティルドンナメモリアル(京都・芝2000m)。このレースは、今年JRAの顕彰馬に選定されたジェンティルドンナの功績をたたえたものである。

 イギリスのGI馬ドナブリーニを母に持つジェンティルドンナは、2011年にデビュー。翌2012年には3歳「牝馬三冠」を達成した。なかでも、二冠目のGIオークス(東京・芝2400m)では、2着に5馬身差をつける圧勝劇を披露。牝馬の中では別格の存在だった。

 さらにその後、牡馬相手の戦いでも輝きを見せた。3歳秋のGIジャパンカップ(東京・芝2400m)では、あの"怪物"オルフェーヴルを撃破。翌年も古馬牡馬の一戦級を退けて連覇を達成した。

 5歳春にはドバイシーマクラシック(UAE・2410m)で海外GIを奪取。引退レースとなったGI有馬記念(中山・芝2500m)では、世界一のジャスタウェイをはじめ、エピファネイア、ゴールドシップらを抑えて有終の美を飾った。

 引退までに積み上げたGI勝ちは7つ。芝レースのGI7勝は、日本競馬における史上最多タイの記録となる。

 そんな偉大なる"女傑"の妹が、今年の2歳馬の中にいる。ベルダム(牝2歳/父ディープインパクト)である。

この記事の続きを読む

1