NBA新シーズン開幕。王者キャブスに待ったをかける対抗馬は?

■2016−2017シーズン展望
@イースタン・カンファレンス編

 10月25日(日本時間26日)、2016−2017シーズンのNBAがいよいよ開幕する。昨季は、ゴールデンステート・ウォリアーズに1勝3敗と追い込まれたクリーブランド・キャバリアーズが奇跡の逆転劇でNBAファイナルを制した。はたして、初優勝を遂げたキャブスの連覇はあるのか――。まずはイースタン・カンファレンスの戦力から見ていきたい。
 NBAファイナルの第7戦。シーズン史上最高勝率を叩き出したウォリアーズに93対89で勝利した瞬間、それはキャブスがチーム創設46年目にして初優勝を遂げた瞬間であり、2014年に故郷のクリーブランドに復帰したレブロン・ジェームズ(SF)が、「戻ってきたのは、オハイオ州に優勝をもたらすためだ」と、地元ファンと交わした約束を果たした瞬間でもあった。地元ファンの歓喜の大きさは、優勝パレードに130万人が詰め掛けたことが物語っている。

※ポジションの略称=PG(ポイントガード)、SG(シューティングガード)、SF(スモールフォワード)、PF(パワーフォワード)、C(センター)。

 レブロンは自身3つ目のチャンピオンズリングを手にし、オフにはナイキと10億ドル(約1037億円)を超えると言われる生涯スポンサー契約も結んだ。今年12月で32歳となるが、あと数年はトップフォームを維持するだろう。今季もカイリー・アービング(PG)やケビン・ラブ(PF)が健在で、さらにJ・R・スミス(SG)との再契約にも成功。昨季のスターターがそのまま残り、イースタン不動の大本命であることは揺るがない。

この記事の続きを読む

1