憧れの浅田真央より上位に。三原舞依がシニアGP初挑戦で3位の快挙

 2018年平昌五輪プレシーズンとなる今季のグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカが米国シカゴで行なわれ、女子では3人が出場した日本人の中で一番若い17歳の三原舞依が、シニアGPデビュー戦でいきなり表彰台に上がる3位に入った。

「緊張はなかった」というショートプログラム(SP)で2位と健闘。フリーではプログラム後半にジャンプミスが重なってしまったものの、自己ベストの123.53点を出して3位になり、合計でも自己最高得点を更新する189.28点を出して日本勢トップの銅メダルを獲得した。
 
 一方、26歳の浅田真央は、SPで64.47点の5位と出遅れ、フリーでもプログラム後半のジャンプで失敗が続いて112.31点の6位にとどまり、合計176.78点の総合6位に終わった。またSP10位、フリー9位の村上佳菜子は合計145.44点で総合10位。これはGP大会出場13回目にして初の2桁となるワースト順位だ。

 17歳のホープ三原は、シニアGPデビュー戦でも舞い上がることなく、自分をしっかりとコントロールして戦った。憧れの浅田真央と同じ大会に出場して戦えることに、大会前から「すごいわくわくした気持ちでいっぱいです」と話していた通り、のびのびとした演技でいまの実力を発揮してみせた。

この記事の続きを読む

1