ハリル期待の長身GKシュミット。「日本代表はそんなに遠くない」

 サッカー日本代表初の試みとなったGK合宿が10月17日から3日間、J-GREEN堺(大阪・堺市)で行なわれた。J1の2ndステージが佳境に入るこのタイミングでの実施は、GK陣へ寄せられる期待の現れともいえるだろう。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、18日深夜(日本時間)に行なわれたUEFAチャンピオンズリーグの試合を引き合いに出し、GKの重要性をこう話している。

「GKのポジションは進化した。フィジカル、テクニック、メンタル、タクティクス。求められるものが非常に多い。私はGKが最も繊細で、最も重要な役割だと考えている。実際にリヨンvsユベントス戦では、PKを止めたブッフォンと、ミスをしたアントニー・ロペスの出来が勝敗を分けた」            

 また、繰り返し主張していたのが、GKに求められる「サイズ」と「足元の技術」の重要性だ。これまでも、「理想となるモデルはノイアー。テクニックの面でも、タクティクスの面でもまさに現代型のGKといえる存在」と公言するなど、指揮官が求めるGKのハードルは高い。

 今回の合宿中も、両足を使ったキック練習、スローイングでの組み立ての確認を何度も行なっていた。そういった面を考慮すると、高校入学までフィールドプレーヤーだったことで培われた両足の技術の高さと、身長196cmというサイズを持ち合わせたシュミット・ダニエル(松本山雅FC・24歳)は、ハリルホジッチにとってうってつけの存在に映ったかもしれない。

この記事の続きを読む

1