まさかの連敗。日本ハム「逆襲のキーマン」はズバリ、4番・中田翔

 日本シリーズは広島が地元で2連勝を飾り、最高のスタートを切った。一方、日本ハムはエースの大谷翔平で初戦を落とし、2戦目も増井浩俊が6回に広島打線につかまるなど、痛い連敗を喫した。場所を札幌に移して行なわれる第3戦で日本ハムの逆襲はあるのか? 日本ハムOBの岩本勉氏に1、2戦を総括してもらい、3戦目以降の展望について聞いた。
 広島にとっては地元で2連勝を飾り、完全に勢いに乗りました。クライマックスシリーズでは低迷した打線が奮起し、第1戦では松山竜平、エルドレッドがホームラン。シリーズの主導権を完全に握りました。

 広島打線の活躍が目立った1、2戦でしたが、ポイントは初回のジョンソンの投球にあったと思います。

 第1戦の初回、日本ハムは先頭打者の西川遥輝が内野安打で出塁し、中島卓也が送ったあと、3番の岡大海がレフト前に運び、一死一、三塁のチャンスをつくりました。この3人に対してのジョンソンの投球はじつに不安定で、雨の影響もあったと思いますが、得意球のカットボールがまったくコントロールできていませんでした。

 日本ハムにとっては一気にたたみ掛けるチャンスだったのですが、ここからジョンソンがいい意味で開き直りました。おそらく、ここまでは雨の影響で指先の感覚をつかめず、慎重な投球を続けていたのですが、中田の打席で「1点は仕方ない」という感じで、とにかく腕を振ることを最優先したと思います。

 結果的にこれが見事にはまり、ジョンソンは指先の感覚をつかんだように思います。テレビで見ていても明らかに表情が変わりましたし、「1点は仕方ない」から「1点も与えない」というピッチングに変わりました。

この記事の続きを読む

1