錦織圭も参戦。独自ルールのテニス団体戦「IPTL」が再び日本上陸!

 秋はスポーツの季節であり、日本をはじめとするアジアの国々では、「テニスの季節」である――。ATP(男子)とWTA(女子)のツアー大会は、9月から10月にかけてアジアが主戦場となるからだ。

 日本では9月に「ジャパン・ウィメンズ・オープン」と「東レ・パンパシフィックオープン」が立て続けに開催され、10月上旬には「楽天ジャパンオープン」を戦うべく、錦織圭をはじめとする世界の男子トップ選手が日本に集結した。さらに今年は、大阪の靭(うつぼ)テニスセンターで「国別対抗戦デビスカップ」の日本対ウクライナ戦が行なわれ、日本の勝利に多くのテニスファンが熱狂したのは記憶に新しいところだ。

 そのように秋の日本で燃え盛ったテニス熱をそのままに、12月2日から4日にかけての3日間、 "テニスの一大フェスティバル"とも言えるイベントが昨年に引き続き日本(さいたまスーパーアリーナ)に上陸する。それが、「インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(以下:IPTL)」だ。

 IPTLとは2014年に産声をあげたばかりの、革新的かつ野心的な、アジアを主戦場としたテニスの国際大会。ATPやWTAのツアー大会とは大きく異なる、エンターテインメント性に重きを置いたフォーマットやルールを採用しているのも特徴だ。

この記事の続きを読む

1