大学ラグビー8連覇を狙う帝京大、迎える早稲田戦に死角はあるか

 王者はつらい。帝京大の「一強時代」ゆえか、全勝対決というのに、スタンドはちょっぴり寂しかった。4690人(公式記録)。もたつきながらも、王者は前人未到の8連覇に向けて開幕からの連勝を4に伸ばした。

 23日、曇天下の東京・秩父宮ラグビー場。帝京大は慶大を42−31で下した。意外な接戦でも、地力の差は明らかだった。

「学生にとっては、いいクスリになったと思います」

 岩出雅之監督の顔にはどこか余裕が漂っている。メンバー編成も、チーム強化もまだ途上。勝って反省することで、チーム力がアップするとの自信もにじむ。

 勝ち続けるのは難儀なのであろう。学生だもの、大勝続きの今季、どこかに油断が生まれても不思議ではない。しかも慶大には昨季、圧勝(89−10)していた。

 立ち上がり、死に物狂いの慶大の気魄(きはく)に圧倒された。両チームの心のあり様の違いはまず、スクラムにもろに出た。帝京大のスクラムは慶大と比べ、フロントロー陣の姿勢が高くて、結束に欠けた。

 帝京大フッカーの堀越康介はこう、しきりに反省した。正直だ。

「相手はまとまっているのに、こちらはバラバラに組んでしまった。(スクラムでの両チームの)センターラインを慶応にとられて、後手後手に回ってしまいました。なかなか修正ができませんでした」

この記事の続きを読む

1