データで判明。天皇賞・秋は無冠のルージュバックがGI戴冠へ

 今週末、10月30日に東京競馬場で行なわれるGI天皇賞・秋(芝2000m)。今回は最重要ステップレースと位置づけられるGII毎日王冠(東京・芝1800m)を制し、有力馬の1頭となったルージュバック(牝4歳/美浦・大竹正博厩舎)について分析しよう。

 同馬は昨年の牝馬三冠戦線の中心的存在だった馬。デビューから2連勝で牡馬混合重賞のGIIIきさらぎ賞(京都・芝1800m)に臨み、2馬身差で圧勝した。だが、三冠初戦のGI桜花賞(阪神・芝1600m)では単勝1.7倍の圧倒的な支持を受けたが、9着と大敗してしまう。そこから歯車が狂い始め、巻き返しが期待されたGIオークス(芝2400m)は2着と、春は無冠に終わった。秋シーズンは熱発のため、三冠最終戦のGI秋華賞に間に合わず、GIエリザベス女王杯4着、GI有馬記念10着と、GIを勝てずに3歳時を終えた。

 4歳になっても、牝馬同士ならと1番人気に推されたGIII中山牝馬S(中山・芝1800m)を落鉄の影響もあり、2着に惜敗。GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)では距離不足の感もあり、5着に敗れた。

 しかし、続くGIIIエプソムC(東京・芝1800m)で約1年4カ月ぶりの勝利を飾ると風向きが変わる。夏をじっくり休養に充て、4カ月ぶりとなったGII毎日王冠も1番人気に応えて、牝馬として23年ぶりの勝利を飾り、ここに進んできた。ルージュバックの勝算をあらゆる角度から探ってみる。

この記事の続きを読む

1