賞金シード当落選上の香妻琴乃「私が見ているのは、そこじゃない」

 国内女子ツアーも、残り5試合。限られた選手しか出場できないTOTOジャパンクラシック(11月4日〜6日/茨城県)と、LPGAツアーチャンピオンシップ・リコーカップ(11月24日〜27日/宮崎県)を除けば(※)、わずか3試合となる。賞金ランキング上位50位までに与えられる、来季の賞金シード争いはまさに佳境を迎えている。
※TOTOジャパンクラシックは、富士通レディース(10月14日〜16日)終了時点で賞金ランク上位35名。ツアーチャンピオンシップは、今季ツアー優勝者、大会前週までの賞金ランク上位25名など。

 シード権獲得ラインを行ったり、来たりという戦いを強いられている選手にとって、シーズン終盤の10月から11月の試合は、それこそ正念場だ。10月24日現在、賞金ランク47位の香妻琴乃(24歳)は、そんな瀬戸際に立たされている。

 2014年から2年連続で賞金シードを獲得している香妻。今季は開幕戦から8月上旬のmeiji カップまで、19試合に出場して13試合も予選落ちを喫した。しかしその後、NEC軽井沢72からNOBUTA GROUP マスターズGCレディースまでに出場した11試合では、予選落ちはわずか2回。逆に3度のトップ10入りを果たしている。

 特に9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンでは、初日に首位発進。2日目を終えても、首位と2打差の2位と優勝争いに絡んだ。結局、最終的には5位にとどまり、その悔しさは相当大きかったようだが、今季最高位の順位に手応えを感じた試合でもあった。

この記事の続きを読む

1