左回り、距離、今季実績...不安ありのモーリスは天皇賞・秋を勝てるのか

 現在の登録馬がすべて出走すれば、今年、海外でGIを勝った3頭が激突する。昨年の勝ち馬でさえ脇役に追いやられるほどの、空前の好勝負が見込まれる今年の天皇賞・秋(10月30日/東京・芝2000m)。とりわけ、昨年の年度代表馬モーリスにとって、中距離のタイトルは今後の種牡馬入りを考えると、喉から手が出るほどほしいし、かねてより中距離でも通用することを示唆し続けてきた陣営にとって、それを証明するいい機会である。

 しかし、今年のモーリスは、国内外のGI3勝を含む6戦無敗で無双状態だった昨年と比較すると、どうしても物足りないように感じられてしまう。3戦1勝、その勝利は休み明けで挑んだ香港のGIチャンピオンズマイルで、敗れた2戦はGI安田記念とGII札幌記念。1番人気を背負いながら、どちらも2着だった。

 安田記念はチャンピオンズマイルから中3週で、検疫のため、慣れない東京競馬場での単独での調教が影響した。札幌記念は初距離に加えて、当日は雨で馬場が渋り、自慢の爆発力を封じられてのものだった。それぞれ決して悲観するような成績ではない。しかし、昨年の連勝があまりにも圧巻だったため、今のモーリスに不満を覚えてしまうのも致し方ないところか。

この記事の続きを読む

1