天皇賞秋 5番人気馬が高勝率

「5番人気」が強い天皇賞・秋。今年勝つ5番人気はズバリ、この馬だ

 10月30日に行なわれるGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)。「秋の盾」と呼ばれる一戦は、スピード豊かなスターが集う豪華なレースとなった。

 中心となるのは、以下の4頭だろう。

 これまでにマイルGIを4勝し、今回2000m戦でのタイトル獲得を狙うモーリス(牡5歳)、昨年の3歳牝馬路線で奮闘し、ここにきて牡馬相手に重賞連勝中のルージュバック(牝4歳)、そして海外GI2勝の快速馬エイシンヒカリ(牡5歳)に、1800〜2000m戦ではトップクラスの力を見せるアンビシャス(牡4歳)という面々だ。

 ただ、モーリスは2000m以上のレースでは勝ち星がなく、ルージュバックとアンビシャスはGIタイトルを手にしていない。エイシンヒカリも昨年の同レースでは先手を取れずに9着と惨敗。好メンバーがそろったとはいえ、人気馬それぞれが不安を抱えていることは否めない。

 ということは、人気薄の伏兵馬が戴冠する可能性は大いにある。

 そこで、過去10年の天皇賞・秋を振り返ってみると、上位よりやや人気の低い馬たちがかなりの確率で頂点に立っている。1番人気が4勝している一方で、5番人気の馬が4勝もしているのだ。他にも、4番人気が1勝、7番人気が1勝と、馬券の「ヒモ候補」たちのほうが健闘している。

この記事の続きを読む

1