ライバルも驚愕。世界トップ10、松山英樹「進化バージョン」のゴルフ

 国内ツアーの日本オープン(10月13日〜16日/埼玉県)で初優勝を飾った直後、松山英樹は新たなシーズンが始まった米ツアーに出場。マレーシアで開催されたCIMBクラシック(10月20日〜23日)に挑み、そこでも優勝争いを演じた。最終的には惜しくも2位に終わったものの、米ツアー4年目のスタートは、さらに"進化した松山英樹"をたっぷりと見せつけてくれた。

 このCIMBクラシックで2位となった松山は、世界ランキングのトップ10入りを果たした。日本人選手としては、尾崎将司以来、18年ぶりのトップ10入りとなる。とはいえ、尾崎がトップ10入りした当時は、日本ツアーのポイントが高かった。その後、米ツアー、それもメジャーを中心にポイントの換算方法が何度か改められているため、今回の松山こそ、正真正銘の世界トップ10入りという快挙である。

 松山の"進化"の要素をいくつか挙げると、まずは肉体改造だ。日本オープンで優勝を争った小平智は、「学生時代に一緒に戦っていたけれど、驚いたのは(松山の)あの肉体です。(以前とは)まったく違っていました」と語った。しかも松山の場合、単に筋肉をつけたのではなく、ゴルフスイングに必要な肉体改造を施したのである。

この記事の続きを読む

1