日本男子マラソンを再び世界へ。GMOアスリーツ花田勝彦監督の野望

■花田勝彦監督インタビュー・前編

 昨年度まで上武大学駅伝部の監督を務めていた花田勝彦氏を迎え、「世界でNo.1を目指す」を旗印に発足したGMOアスリーツ。所属選手6名で今年4月にスタートを切ったこのチームにとって、初のロードシーズンが始まろうとしている。

 世界との差が開いて久しい日本の男子マラソン・長距離界において、GMOアスリーツはどんな存在になろうとしているのか。チーム立ち上げの趣旨、目指す未来の姿について花田監督に話を聞いた。

「大学での指導にやりがいを感じていましたが、同時に『世界と戦う選手を育てたい』という夢もずっと持っていました。与えられた環境の中で自分の夢を実現しようと模索しながら、様々な取り組みをしてきましたが、どうしても大学の枠組みの中でやれることには限界があります。

 そこに悩みを感じていた時に、GMOのチーム立ち上げのお話をいただいたんです。迷いに迷った末、夢を追い求めようと決断し、お引き受けすることにしました」

 花田監督が現役を引退したのは2004年。その年に行なわれたアテネ五輪男子マラソンでは2人の日本人選手が5位、6位の入賞を果たしたが、その後、五輪での入賞は2012年ロンドン大会に出場した中本健太郎(安川電機)の6位のみ。日本記録も2002年を最後に更新されていない。現役引退後、すぐに大学での指導を開始した花田監督だが、日本男子マラソン界の足踏み状態は常に気にかかっていたという。

この記事の続きを読む

1