シャルケ内田篤人が語るケガの回復。「試合に出してくれと言っている」

 今回聞こえてくる復帰への足音は、過去のものとは明らかに差異がある。

 2015年3月10日に開催された、欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のセカンドレグ、レアル・マドリード戦を最後に、内田篤人は1軍のユニフォームに袖を通していない。同年夏のオフ、以前から痛めていた右膝の膝蓋腱(しつがいけん)を手術し、その後1年以上、彼はリハビリと検査をくり返すだけだった。

 内田は10月4日、今後の復帰へ向けたプランニングにおいて、極めて重要な意味を持つMRI検査を実施した。その直前、ドイツの専門誌『キッカー』が「プロ選手キャリア終焉の可能性もある」と伝えたことが発端で、『WAZ』や『レヴィーア・シュポルト』など地元紙をはじめとするドイツメディアは、「内田引退か?」という見出しをつけ、シャルケの右SBの危機を報じていた。しかし、それらは幸いにも杞憂(きゆう)に終わっている。

 9月29日のヨーロッパリーグ、ザルツブルク戦後に「俺のケガは特定の人じゃなきゃ治せない。(その特定のドクターは)日本にいるんですけど、ドイツの人と連絡を取りあって、そういう練習やっているから、今はめっちゃよくなってます」と話すように、検査前からすでに内田は一定の手ごたえを感じていた。

この記事の続きを読む

1