フットサル日本代表の再建を託す、ブルーノ・ガルシア新監督とは何者?

 9月にコロンビアで開催されたフットサル・ワールドカップで、世界に衝撃を与えたのはベトナム代表だった。ベトナムは2012年のAFCフットサル選手権(アジア選手権)で予選敗退に終わり、2012年W杯タイ大会への出場を逃していた。しかし、自国開催となった2年後の2014年アジア選手権ではチーム史上初の決勝トーナメント進出を果たし、準々決勝まで勝ち上がった。

 さらに今年2月、W杯予選を兼ねた2016年アジア選手権では準決勝まで駒を進めて4位。初めてW杯の出場権を勝ち取った。そして、そのW杯ではグループステージでグアテマラから勝利を挙げて、見事にW杯初出場で決勝トーナメント進出を果たした。

 そのベトナムの驚異的な躍進を支えたのが、ブルーノ・ガルシア監督である。プロフットサル選手として活躍した経験を持つ42歳のスペイン人は、5歳から20歳までフットサルと並行して柔道をやっており、2段の腕前を持つ。現役引退後は、スペインの複数クラブで指揮を執り、最優秀監督賞も受賞。その後、中国のクラブやペルー代表を率いたのちに、ベトナム代表の監督に就任した。

 フットサル日本代表も、ブルーノ監督が率いるベトナム代表に苦杯をなめさせられた。ベトナムが4位となった今年のアジア選手権・準々決勝で、大会2連覇中だった日本はPK戦の末にベトナムに敗退。その後、5位決定プレーオフでもキルギスに敗れ、3大会連続で出場していたW杯の出場権を逃してしまったのだ。

この記事の続きを読む

1