【バレー】90年代のカリスマ「ガイチ」は沈む全日本を立て直せるか

 10月26日、全日本男女バレーボールチームの新監督が発表された。男子は往年の大エース中垣内祐一(48)。女子は「天才セッター」と呼ばれた中田久美(51)。いずれも元スター選手の就任となった。ふたりとも来年3月のリーグ終了までは堺ブレイザーズと久光製薬スプリングスに部長と総監督として所属する。両名とも契約は2年だが、2020年の東京五輪まで指揮を執ることが基本線だ。

 中田監督はVリーグの実績から、次期監督の候補として以前から名前が挙がっていた。一方、中垣内監督はここ数年現場を離れており、サプライズではないが、選考の根拠はやや乏しい。ロンドン、リオと2大会連続で五輪出場を逃して、低迷を続ける全日本男子を立て直すことはできるのであろうか。

 まず、中垣内監督の経歴を振り返ってみよう。

 筑波大学在学中に全日本に選ばれ、1989年のワールドカップでは6位、新日鐵に入社後の91年ワールドカップでは4位と上位進出に貢献。同時期に全日本メンバーだったレシーブの名手・青山繁が「もうガイチ君に全部上げておけば、何とかなる! 僕らはとにかく拾ってつなぐから、ガイチ君あとはよろしく!って」というほどのスーパーエースだった。

 そして、92年バルセロナ五輪6位入賞の立役者になる。痛めた膝に注射を打ち、スパイクを打って打って打ちまくって勝ち取った結果だった。

この記事の続きを読む

1