【木村和久連載】ゴルフをすると「太る」という謎に迫る

■専門誌では読めない雑学コラム
◆木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第77回

 最近、健康に目覚めて、近所の公園を軽くジョギングするようになったら、約3カ月で体重が3kg減って、ウエストも3cmほど絞られました。ベルトの穴1個分細くなって、ベストコンディションでゴルフをしております。

 ゴルフの練習量は少ないのですが、走っているので体幹がしっかりしてきたのか、叩かなくなりました。いやぁ〜、スポーツの秋はコンペも多いし、ゴルフをしまくりますぞぉ〜。

 そんな状況で、この前もコンペがあって、喜び勇んで参加してきました。それは、まあいいのですが、その夜、家に帰って風呂に入る際、ついでに体重計に乗ったら、びっくら仰天。

「あれぇ〜、ゴルフをしてきたのに、普段より体重が1kg増えてるじゃん」「ウエストもほんのり出ているかなぁ」なんて状態だったのです。

「なんでなの?」「ゴルフって、スポーツでしょ?」「しかも、丸1日体を動かすわけだし、体重が減ってもいいんじゃないか」――そう思って当然ですよね。

 なぜ体重が増えていたのか?

 まず、その日の食生活を振り返ることにしました。朝、ゴルフ場に到着するや、ごはんものの定食を食べました。パンだと、お腹にたまらないんですよね。やっぱり、ごはんじゃないと力が入りません。それに「今から運動するから」と、がっつり食べます。

 それは、朝のトイレにもつながるわけです。ものを食べれば、自ずと胃腸の動きが活発になり、便通も良好となりますから。

この記事の続きを読む

1