海外馬券第2弾・メルボルンカップでガッポリ稼げる有力馬は?

 日本国内における海外競馬の馬券発売第2弾として、11月1日(火)にオーストラリアで行なわれるGI競走メルボルンカップ(フレミントン競馬場・芝32000m)が発売される。オーストラリア最大規模とされるレースで、毎年11月の第1火曜日は、開催地であるヴィクトリア州は祝日となり、オーストラリア全土でも"Stop the Nation(国が止まる日)"と称されるほどだ。日本と真逆の季節で、メルボルンはまさに今、春を迎えようとする時季。春の陽気さと、このメルボルンカップを中心とした"スプリングレーシングカーニバル"の華やかな雰囲気が相まって、メルボルンの市内外全体がお祭り騒ぎのように浮かれている。

 主催であるヴィクトリアレーシングクラブ、さらに統括団体であるレーシングヴィクトリアにとっては、日本における馬券発売は、果たしてどれだけの恩恵をもたらしてくれるのかと、非常に期待が高まっている。何しろ40億円超を売り上げた凱旋門賞のインパクトはあまりにも大きかった。街中のパブなどに併設された小規模の馬券発売施設があり、諸外国の中でも馬券熱の高い方であるオーストラリアにおいても、昨年のメルボルンカップ単体で約2億オーストラリアドル(約160億円)の売り上げなのだから、これだけの数字はあまりにも魅力的だ。凱旋門賞が日本にとって特別なレースであり、また日本における最初の海外馬券発売という特殊な状況であることを考慮しても、期待をするなという方が無理というものである。

この記事の続きを読む

1