ライバルも祝福。シーズン9人目の勝者は7年ぶりのドヴィツィオーゾ

 シーズン9人目の優勝者は、やはり、皆が予想していたとおりアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)だった。

 ウェットコンディションで行なわれた第17戦のマレーシアGP決勝レースで、ポールポジションからスタートしたドヴィツィオーゾは、レース序盤からトップグループの3番手につけて周回を重ねた。半ばを過ぎたころに2番手に上がり、ラスト5周でトップに立つと、以後は後ろのバレンティーノ・ロッシ(モビスター・ヤマハ MotoGP)を一気に引き離してリードを築き、トップでチェッカーを受けた。

「とても厳しいレースだった。外から見るかぎりではレースをコントロールしているように見えたかもしれないけれども、実際にはそうじゃなかった。レース序盤に水量が多いときは(チームメイトの)イアンノーネやバレンティーノがとても速かった。あきらめずにミスをしないように心がけ、がんばってついていったから、終盤に好機を捕まえることができた」と、ドヴィツィオーゾは19周の戦いを振り返った。

 ドヴィツィオーゾの最高峰クラス優勝は、2009年のドニントン・パーク(イギリスGP)以来、これが2回目。2013年にドゥカティへ移籍してからの4年間では、さまざまな労苦も強いられてきたが、この優勝でようやくその努力も報いられたことになる。2位で終えたロッシや3位のホルヘ・ロレンソ(モビスター・ヤマハ MotoGP)が、表彰式やその後の記者会見でドヴィツィオーゾの優勝を心から祝福していた姿にも、その人柄がよく反映されている。

この記事の続きを読む

1