【月報・青学陸上部】原晋監督が勝利宣言「全日本駅伝、うちが独走するよ」

■極私的! 月報・青学陸上部 第14回
◆全日本大学駅伝プレビュー前編

 千葉県・富津強化合宿。

  10月末、夏季1次合宿以来の青学陸上部全体合宿が千葉県富津市でスタートした。宿がある富津公園内は1周5.6kmのコースがあり、大学や実業団にも人気がある合宿地だ。今回も同時期に日本体育大学や日本大学が合宿を組んでいた。

 合宿初日、気温13度、冷たい雨が降る中、全日本大学駅伝に出場する選手は1000m7本を2分48秒ペースで走り、他選手たちは5kmを2本走った。今回の合宿の目的は、全日本組はビルドアップ走(※)を軸に調整すること、他選手は距離を走って強化することである。
※ゆっくりしたペースで入り、徐々にスピードを上げていくトレーニング法

11月6日の全日本大学駅伝にエントリーする13名は出雲駅伝で優勝を果たした翌日の夜のミーティングで発表された。
 安藤悠哉 (4年)
 秋山雄飛 (4年)
 一色恭志 (4年)
 田村健人 (4年)
 茂木亮介 (4年)
 下田裕也 (3年)
 田村和希 (3年)
 中村祐紀 (3年)
 吉永竜聖 (3年)
 小野田勇次(2年)
 富田浩之 (2年)
 森田歩希 (2年)
 鈴木塁人 (1年)

 出雲駅伝のエントリーメンバーからは池田生成(4年)、吉田祐也(1年)、故障した梶谷瑠哉(2年)が抜け、4年生と3年生の実力者を中心としたメンバー構成になった。昨年、東洋大に敗れ、2位に終わった全日本のタイトルを是が非でも獲りにいく原監督の強い決意がそこから読み取れる。

この記事の続きを読む

1