【木村和久連載】自分の能力がわかる!?無料の試打会には参加せよ

■専門誌では読めない雑学コラム
◆木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第78回

 プレーには絶好の季節となる"ゴルフ秋の陣"では、紅葉を見に行ったり、沖縄に飛んだりと、今年もフル活動しております。

 そんななか、週末の練習場に行くと、戦国時代のようなノボリを立てた派手なブースが目に飛び込んでくることがあります。あれは、クラブメーカーなどが主催しているニュークラブの試打会ですね。

 その周りは、黒山の人だかりで圧倒されます。みなさん、腕自慢なのでしょう。「我こそはドラコンキングなり」とうそぶく猛者たちが腕をまくって、日頃の成果をここで披露するわけです。

 とまあ、試打会と言えば、ばかすか飛ばしているかのように思われますが、よく見ると、そうでもないのです。飛ぶ人は最初から飛ぶわけで、実はあまり飛ばない、お金を持っていそうな方が、真のお客さまです。ですから、試打会をやっていたら、気後れせずに楽しみましょう。

 ともあれ、試打会で打つ前には、まずは自分の打席でウォーミングアップをしておきましょう。およそ1箱、30球ぐらい打ったら、試打を行なっているブースに行って、試打を申し込むのがいいでしょうね。空いていれば、すぐに打てますし、人気クラブだと多少は待つこともあります。

この記事の続きを読む

1